ダイレクトメールで変わる自分の人生

広告宣伝や集客活動にダイレクトメールを活用している企業は多いです。郵送やEメールなど、業種や商品に合わせた手法を選ぶことが大切です。長い年月、さまざまなダイレクトメールが生まれ、工夫が盛り込まれており、その活用方法は無限です。特にダイレクトメールによる効果が出やすい業界として、商品単価が高価な業界があげられます。ダイレクトメールに割引クーポンやお得な情報が盛り込まれていれば集客に非常に有効です。商品単価が高いものの場合、Eメールでのダイレクトメールよりも紙媒体でのダイレクトメールの方が安心感もあり、集客率も高めとなる傾向です。足を運んでもらいたい店からのダイレクトメールも紙媒体のダイレクトメールがあることでより身近に感じやすく、足を運びやすくなるという効果があります。

ダイレクトメール発送には工夫が必要です

ダイレクトメールは発送方法にも工夫が必要です。新規顧客獲得が目的なのか、リピーターの獲得が目的なのかによっても方法を分ける必要があります。宣伝したいものによって発送するターゲットを変える必要があり、新規顧客獲得の場合には潜在顧客の抜粋が重要といえます。やたらめったらたくさんのダイレクトメールを発送すればよいというのではなく、ターゲットを絞った方法を考えることでより集客率は高くなります。一方、ダイレクトメールの効果を出しにくい業界としては、粗利が少ない業界があげられます。ダイレクトメールにかかるコストとのバランスも重要で、あまりコストをかけられないと情報量が少なく魅力を感じにくいからです。また、高価すぎてお試しなどができない商品の場合も、お得感を感じにくいことからメリットは得にくいと言えます。

ダイレクトメールは時代が変わっても集客に有効

ダイレクトメールが届くと、日課として読むための選り分けを行う方も多いです。その瞬間が顧客とつながるタイミングとなります。デジタル時代になった今でも昔から行ってきた習慣は変わらず、興味を持ったものに関しては保管されたり、じっくり読んだりという行動に繋がっていきます。瞬間的な宣伝効果があるEメールと比較してもはるかに顧客獲得率が高くなっているのです。顧客となるまではいかなくとも、製品やサービスのことを覚えるのに有効となることが統計でも分かっています。生活に染み付いているダイレクトメールを上手に活用することは、マーケティング戦術として有効であり、これからの時代も変わらずあり続けるでしょう。Eメールと比較すればコストはかかってしまいますが、集客率を考えるならどんどん活用していきましょう。