得するダイレクトメールの利用方法の例

ダイレクトメールは郵便などで個人や企業に直接アプローチができる方法です。カタログなどを送ることができるので、新商品の発売やたくさんの商品を見て欲しい時や、イベントを開催する時など集客をしたい場合などに有効な広告といえます。新聞折込の広告とは違い、直接ポストに投函されるので、新規のお客様向けというよりは、既存の顧客様向けに利用されることが多いです。大手運送会社のDM便は同一のダイレクトメールであれば全国一律の送料となっていて送付先から400km圏内であれば、翌々日には送付先に届けられるので急なお知らせ等もすぐに発信することができます。様々な大きさに対応していて、1kg以内であれば送ることが出来ます。最大送料も200円以下なのでうまく使えば通常よりも安く送ることができます。

ダイレクトメールのデメリットはどんなこと

あらかじめ送付先のターゲットなどが決まっている場合は有効なダイレクトメールですが、デメリットももちろんあります。ダイレクトメールはチラシとは違い、送付するもののデザインや内容の企画を設定する必要がある場合があるため、コストが高くなる可能性があります。またチラシは送付先の住所などを知らなくても送ることが出来ますが、ダイレクトメールは顧客の名前や住所を知らないと送ることできません。チラシ等に比べると、顧客情報を収集する手間が必要です。逆に顧客情報が集まっている場合は対象範囲に絞って送ることが出来るので便利です。初回購入などですでにデータを持っている顧客に対して、次回以降の購入の促し等でクーポンを封入して送ることも多くあり、とても有効なDMの活用方法です。デメリットも多くありますが、メリットももちろんあります。

ダイレクトメールを送るメリットはどんなところなのか

ダイレクトメールはチラシなどの紙タイプで送ることが出来ますし、サッシなどのカタログでも送れる利点があります。チラシやカタログの校正を行うことで、お客様の反響にも影響が出てきます。カラー印刷や写真を使用することで、視覚で訴えることができ、情報量も必然的に増えるので、双方にメリットがあります。既存のお客様に送付しますが、何か月も購入がない場合でもクーポンを付けたりなどしてアプローチをすることが出来ます。お客様にとっても、以前利用していたものをお得に購入することが出来れば購入意欲が沸くと思います。ただ発送するのではなく、発送するにあたり、イベントの企画やカタログなどの作成をきちんとすることで、お客様からの反応も良くなります。費用対効果を考えて送付することで大きなメリットとなると思います。