月別アーカイブ 2020年2月28日

投稿者:admin

クラウドファンディングはいろいろな種類があります

一番人気があるのが融資型と呼ばれるものになります

クラウドファンディングにも色々な種類がありますのでそれに合わせて資金調達をしたりすることができるようになります。投資の方法として様々な手段があるということではあるわけですが、要するにどんな事業に対して行うのか、ということに違いがあるわけです。一般的に最も人気があるのは融資型と呼ばれるものです。要するにお金を貸して事業を成功させるための資金としてもらって成功したらリターンを受け取るということです。融資型の殆どは成功したときに現金を受け取る、ということになります。最も分かりやすい形で資金を融通するというのが融資型のクラウドファンディングとなります。

お金が儲かるわけではない方法もある

金融であるわけですから何かしらのリターンがあるというのが一般的ではあるのですが、融資ではないものもあります。要するにお金を出すだけ、ということです。それが寄付型と呼ばれる資金を調達するタイプになり、これも世界的に需要が増しているものになります。このタイプでは、例えば慈善事業などに対して資金を融通するというものであり、ほとんどの場合、名前の通りギークなのでリターンがないということになります。そんなことに意味があるのかと言いますと意外と意味はありますし、需要も増えています。新しい形の寄付の募り方としてもやはり人気が出てきているのは間違いないのです。色々な種類がありますがダイレクトに現金を寄付するというような形が多いです。

購入するというタイプも人気がある

他にも種類として購入型と呼ばれるものがあります。分かりやすくいいますと映画などを作ったり、ゲームなどを作ったりというようなことに対して資金を求めるタイプのものであり、お金を出したことに関する報酬というのは多くの場合はその製造物、成果を手に入れることができる、ということになります。こういうものを作りたいからお金がないので賛同してくれる人は資金を出してくださいというようなアピールをするわけです。そして、できた場合にそれを渡すということで成立するクラウドファンディングことになります。いつまでも成果がでないということもあったりしますから、まったくのノーリスクとかそうしたことがあるわけではないです。いつまで経ってもお金を出したのにリターンがない、成果物が手に入らない、ということもあります。その点は融資型と似ています。

投稿者:admin

クラウドファンディングで個人から資金調達

多くの人に協力を呼び掛けることで資金調達

クラウドファンディングは、個人から資金を集めるという方法で成り立っています。事業を展開したくても資金集めがうまくいかないという方の中には、融資を受けたくても審査が通らないなどの理由で悩んでいる方もいるでしょう。近年では、インターネットから多くの方にアピールするということも、SNSやブログ、動画サイトなどで可能です。しかし、資金調達をしたいから、ネット上から呼び掛けたとしても必要な金額が集められるとは限りません。ですが、クラウドファンディングの場合には、少しずつ出資をしてもいいという方が多く集まる点から、アイディアを出し、それに納得した人々から資金を集めることが可能です。また、資金を提供してくれた人々に対して、目標金額を達成し、事業展開、開業ができる、プロジェクトを進行できるという場合には、お礼という形で商品サービスの提供をすることも必要です。

利用することで広告宣伝にもなる

何か事業を展開したいという場合に、資金を自分で用意する方もいるでしょう。その場合には、自分が提供する商品やサービスに関して宣伝などをする必要もでてきます。何もせずに商品が売れる時代でもありません。また、需要のあるサービスを提供したとしてもそれを広めなければ、気付いてもらえない可能性などもでてきます。クラウドファンディングで資金集めをするということは、最初の段階でどのような商品やサービスなのかという点をアピールし、納得した方々に資金提供してもらえるため、これ自体が宣伝効果となります。目標金額を達成し、商品やサービスが提供できる状態になれば、資金提供してくれた人々が新規客となる可能性もあるでしょう。そのため、資金集めができるだけでなく、その後の展開に関してもメリットは大きいといえます。

資金を手にした後に面倒がほとんどない

個人で資金を集めるという場合には、後々返済をする必要がある場合もでてきます。銀行から融資などを受けた場合なども返済する必要があるため、返済なども考慮しつつ事業展開していくことになるでしょう。しかし、クラウドファンディングでは、資金を手にした後お礼として約束した商品やサービスの提供をすることになりますが資金を提供してくれた人々に返済や利息などの支払いをする必要はありません。これは、借金という形ではないためです。また、国や地方団体から補助金として提供されたお金でもないため、面倒な手続きなども必要なく、面倒がほとんどないというのがメリットの一つといえます。個人で、事業展開をしたい場合にはこのようなサービスを利用することでいろいろとメリットがあります。自身でやりたいことや提供したい商品やサービスがあるというなら、個人から資金調達をしてみましょう。

投稿者:admin

クラウドファンディングの売上など会計処理を学ぶ

資金調達の方法を考えていくことも必要

クラウドファンディングは資金調達のためにいろんなチャンスを作っていくことができ、企業やお店も積極的に挑戦する方は多いです。お店で新しい設備を導入して、他にはないものを作りたいときなど、情報発信をすることで、興味を持ってくれる人がたくさん見つかる場合もあります。資金面にあまり余裕がないところでも、ユニークな取り組みなら、多くの人に注目してもらうことができるため、資金を集めて、事業ができるチャンスを作れます。企業も、地元の魅力を発信することにつながる商品やサービスを考えていくときに、情報発信をすると、たくさんの人が出資してくれる可能性があります。多くの人が、少しずつ出資してくれると、資金も集まりやすくなりますし、インターネットで情報発信をすることで、たくさんの人に注目してもらえます。個人で仕事をする方も、資金が集まれば、大きなプロジェクトを進めていくチャンスを作ることもできるため、可能性が広がっていることを考えていくことも大切です。

売上と会計処理を学ぶことも重要

クラウドファンディングにはいろんな種類があり、寄付で集まるお金もありますし、事業を進めていきたいときに、資金を集めて、新しい事業を始める方もいます。お店で事業をおこなうときに集めた資金は、事業所得の雑収入ということで会計処理を進めていくことが大切です。事業をおこなうケースではないこともあるため、贈与を受けた認識でお金をしっかりと管理していくことが必要になります。資金調達の方法で、注目したばかりの方も多いため、支援金を売上という認識をきちんと持ち、会計処理に関することを調べて、きちんと税金を納めることが求められます。

いつの売上になるのかをしっかりと考える

資金調達でクラウドファンディングを利用するときに、いつの売上として処理するのか、タイミングを考えていくのがとても難しいと感じる方もいます。会計処理のタイミングが難しいと感じる方も多いため、資金調達を始める前に、事前に学んでいると、頭の中を整理してから、事務的な手続きを進めていけます。手数料もあるため、きちんと手数料の確認をしながら、準備を進めていくことが必要ですし、専門家に相談をすることも必要です。企業の中には、すでに税理士や会計士に相談をしながら、事業をしている方も多いため、いろんな事業を始めていきたい方は、専門家に相談をすることで、安心して行動を起こせます。

投稿者:admin

成功しやすいクラウドファンディングでの期間

あまり長すぎないほうが集まりやすい

クラウドファンディングはどれくらいの期間を設定すると協力者が増えるのか、気になる人は多いです。実際に行われる内容によって設けたほうがいい期間は異なるため、事前に成功者たちの意見を参考にして実施するといいでしょう。多くの成功者たちが設けているのは、60日以下だといわれています。平均的に60日以下のほうが成功率が高く、多くの人が忘れずに協力してくれる可能性が高いです。金額によっては多少長めのほうがいいですが、平均的に60日を超えると成功率が低くなる可能性が高いため、注意しましょう。特に金額が多ければ多いほど、定期的な呼びかけが必要となります。周囲の協力者にも声掛けをしてもらい、成功させることが必要となるため、ある一定のモチベーションをキープすることが必要です。長期間の場合だれてしまう可能性が懸念されるため、60日以下がいいでしょう。

30日から40日前後が一番集まりやすい

長期に募集をかけるよりも、短期間に募集をかけたほうが集まりやすいという統計がクラウドファンディングに関して出されています。そのため、長期に募集をかけるよりも、短期に的を絞りこんで募集をかけたほうが結果を出しやすいでしょう。特に成功率が高いのは、30日から40日です。短期に募集をかけて成功するポイントとしては、ある程度すぐに資金を提供したほうがいいと支援する側にも明確となることが少なくありません。勢いのある段階で資金が提供されるため、希望している金額を集められるといいます。ただし、あまりに短すぎると募集に応じきれない支援者も少なくないため、程よいタイミングを計って募集をかけたほうがいいでしょう。なお、あまりにも長期で募集をかけることは、忘れてしまわれる可能性が高いため、避けたほうが安全です。

募集をかけるサイトによって多少違う

国内外のクラウドファンディングで一番成功率が高いものとしては、30日前後が挙げられています。ただし、必ずしも30日前後で済ませるのではなく、45日までなら成功率が高いと評価している主催者が少なくありません。ただし注意するべきポイントとしては、土日や祝日を最終日にすると、集まりにくくなる傾向が強いといいます。なるべくスムーズに集まりやすい資金の流れを作り出したいなら、30日前後で平日に終了するものを立ち上げるといいでしょう。なお、募集をかける資金によっては30日よりも少ない日数のほうが成功しやすいことも多いです。特に海外では30日未満のほうが資金調達成功率が高いため、参考にしてください。