クラウドファンディングはいろいろな種類があります

一番人気があるのが融資型と呼ばれるものになります

クラウドファンディングにも色々な種類がありますのでそれに合わせて資金調達をしたりすることができるようになります。投資の方法として様々な手段があるということではあるわけですが、要するにどんな事業に対して行うのか、ということに違いがあるわけです。一般的に最も人気があるのは融資型と呼ばれるものです。要するにお金を貸して事業を成功させるための資金としてもらって成功したらリターンを受け取るということです。融資型の殆どは成功したときに現金を受け取る、ということになります。最も分かりやすい形で資金を融通するというのが融資型のクラウドファンディングとなります。

お金が儲かるわけではない方法もある

金融であるわけですから何かしらのリターンがあるというのが一般的ではあるのですが、融資ではないものもあります。要するにお金を出すだけ、ということです。それが寄付型と呼ばれる資金を調達するタイプになり、これも世界的に需要が増しているものになります。このタイプでは、例えば慈善事業などに対して資金を融通するというものであり、ほとんどの場合、名前の通りギークなのでリターンがないということになります。そんなことに意味があるのかと言いますと意外と意味はありますし、需要も増えています。新しい形の寄付の募り方としてもやはり人気が出てきているのは間違いないのです。色々な種類がありますがダイレクトに現金を寄付するというような形が多いです。

購入するというタイプも人気がある

他にも種類として購入型と呼ばれるものがあります。分かりやすくいいますと映画などを作ったり、ゲームなどを作ったりというようなことに対して資金を求めるタイプのものであり、お金を出したことに関する報酬というのは多くの場合はその製造物、成果を手に入れることができる、ということになります。こういうものを作りたいからお金がないので賛同してくれる人は資金を出してくださいというようなアピールをするわけです。そして、できた場合にそれを渡すということで成立するクラウドファンディングことになります。いつまでも成果がでないということもあったりしますから、まったくのノーリスクとかそうしたことがあるわけではないです。いつまで経ってもお金を出したのにリターンがない、成果物が手に入らない、ということもあります。その点は融資型と似ています。

記事を共有する