クラウドファンディングで個人から資金調達

多くの人に協力を呼び掛けることで資金調達

クラウドファンディングは、個人から資金を集めるという方法で成り立っています。事業を展開したくても資金集めがうまくいかないという方の中には、融資を受けたくても審査が通らないなどの理由で悩んでいる方もいるでしょう。近年では、インターネットから多くの方にアピールするということも、SNSやブログ、動画サイトなどで可能です。しかし、資金調達をしたいから、ネット上から呼び掛けたとしても必要な金額が集められるとは限りません。ですが、クラウドファンディングの場合には、少しずつ出資をしてもいいという方が多く集まる点から、アイディアを出し、それに納得した人々から資金を集めることが可能です。また、資金を提供してくれた人々に対して、目標金額を達成し、事業展開、開業ができる、プロジェクトを進行できるという場合には、お礼という形で商品サービスの提供をすることも必要です。

利用することで広告宣伝にもなる

何か事業を展開したいという場合に、資金を自分で用意する方もいるでしょう。その場合には、自分が提供する商品やサービスに関して宣伝などをする必要もでてきます。何もせずに商品が売れる時代でもありません。また、需要のあるサービスを提供したとしてもそれを広めなければ、気付いてもらえない可能性などもでてきます。クラウドファンディングで資金集めをするということは、最初の段階でどのような商品やサービスなのかという点をアピールし、納得した方々に資金提供してもらえるため、これ自体が宣伝効果となります。目標金額を達成し、商品やサービスが提供できる状態になれば、資金提供してくれた人々が新規客となる可能性もあるでしょう。そのため、資金集めができるだけでなく、その後の展開に関してもメリットは大きいといえます。

資金を手にした後に面倒がほとんどない

個人で資金を集めるという場合には、後々返済をする必要がある場合もでてきます。銀行から融資などを受けた場合なども返済する必要があるため、返済なども考慮しつつ事業展開していくことになるでしょう。しかし、クラウドファンディングでは、資金を手にした後お礼として約束した商品やサービスの提供をすることになりますが資金を提供してくれた人々に返済や利息などの支払いをする必要はありません。これは、借金という形ではないためです。また、国や地方団体から補助金として提供されたお金でもないため、面倒な手続きなども必要なく、面倒がほとんどないというのがメリットの一つといえます。個人で、事業展開をしたい場合にはこのようなサービスを利用することでいろいろとメリットがあります。自身でやりたいことや提供したい商品やサービスがあるというなら、個人から資金調達をしてみましょう。

記事を共有する