成功しやすいクラウドファンディングでの期間

あまり長すぎないほうが集まりやすい

クラウドファンディングはどれくらいの期間を設定すると協力者が増えるのか、気になる人は多いです。実際に行われる内容によって設けたほうがいい期間は異なるため、事前に成功者たちの意見を参考にして実施するといいでしょう。多くの成功者たちが設けているのは、60日以下だといわれています。平均的に60日以下のほうが成功率が高く、多くの人が忘れずに協力してくれる可能性が高いです。金額によっては多少長めのほうがいいですが、平均的に60日を超えると成功率が低くなる可能性が高いため、注意しましょう。特に金額が多ければ多いほど、定期的な呼びかけが必要となります。周囲の協力者にも声掛けをしてもらい、成功させることが必要となるため、ある一定のモチベーションをキープすることが必要です。長期間の場合だれてしまう可能性が懸念されるため、60日以下がいいでしょう。

30日から40日前後が一番集まりやすい

長期に募集をかけるよりも、短期間に募集をかけたほうが集まりやすいという統計がクラウドファンディングに関して出されています。そのため、長期に募集をかけるよりも、短期に的を絞りこんで募集をかけたほうが結果を出しやすいでしょう。特に成功率が高いのは、30日から40日です。短期に募集をかけて成功するポイントとしては、ある程度すぐに資金を提供したほうがいいと支援する側にも明確となることが少なくありません。勢いのある段階で資金が提供されるため、希望している金額を集められるといいます。ただし、あまりに短すぎると募集に応じきれない支援者も少なくないため、程よいタイミングを計って募集をかけたほうがいいでしょう。なお、あまりにも長期で募集をかけることは、忘れてしまわれる可能性が高いため、避けたほうが安全です。

募集をかけるサイトによって多少違う

国内外のクラウドファンディングで一番成功率が高いものとしては、30日前後が挙げられています。ただし、必ずしも30日前後で済ませるのではなく、45日までなら成功率が高いと評価している主催者が少なくありません。ただし注意するべきポイントとしては、土日や祝日を最終日にすると、集まりにくくなる傾向が強いといいます。なるべくスムーズに集まりやすい資金の流れを作り出したいなら、30日前後で平日に終了するものを立ち上げるといいでしょう。なお、募集をかける資金によっては30日よりも少ない日数のほうが成功しやすいことも多いです。特に海外では30日未満のほうが資金調達成功率が高いため、参考にしてください。

記事を共有する